万一の事故!最低限やるべきことと自動車保険の使い方

事故発生時に最低限自分でやるべきことは?

自動車事故が発生した際に、必ず自分自身でやるべきことがあります。優先順位に従って書けば、まずはケガ人の救護。負傷者がいる場合は119番通報をするなど、その救護を最優先にしなければなりません。次に車を安全な場所に移動させ、発煙筒や停止表示板を利用して二重事故などの二次的な被害が発生しないようにします。さらに警察に事故届をします。さらに、相手方の氏名、住所、連絡先、車名、ナンバーなどを確認します。お互いの免許証を見せ合うのが良いでしょう。お互いの加入している保険会社名の確認、車両の破損状況等の確認もしておきます。

自動車保険を使うならやってはいけないこと。

自動車保険を使う場合、事故の相手方との具体的な損害賠償額等の交渉は保険会社が行います。これを保険会社を通さずに自分自身で相手方と交渉してしまうことは厳禁です。念書を交わすなどはもちろんダメですが、口頭での損害賠償の交渉もしてはいけません。交渉事は保険会社に全て任せる、と考えておくことです。

保険会社の事故受付に連絡をすれば後はお任せ。

次に、保険会社の事故受付に連絡をしましょう。保険会社には事故受付専用の電話番号が用意されています。事故受付に電話をすれば、後は受付のオペレーターが様々な案内をしてくれます。今では上記に書いたような事故の初期対応についても最初に確認してくれることがほとんどで、安心できる窓口と言えるでしょう。事故の相手方との交渉は保険会社の担当者が行ってくれますし、保険を利用して修理する場合は修理工場の紹介や、修理工場への保険金からの支払いなども保険会社が行ってくれます。なお、事故受付への連絡後にも、自動車保険を利用するのかどうか自体を選択はできますのでとにかく安心して電話しましょう。

自動車保険は最近では保険料も会社ごとに異なります。自動車保険の比較をする場合、まずは自分に必要な補償内容を知ることが大切です。