税制優遇を味方に!隠れていたお得なイデコ制度

税制優遇の大きさはダントツ

イデコは老後の資金作りに限定すれば、ダントツで有利な制度であり、掛け金が全額加入者本人の所得控除になり、運用益が非課税、受取時の税制優遇がが大きいなどのメリットがある自分年金のための制度です。同じように税制優遇のある個人年金保険と比較するとその有利さは一目瞭然ですよ。年収500万円で、課税所得300万円だったとして、所得税率は最高で10パーセント、住民税率を10パーセントとして、個人年金保険に月1万円の保険料を支払っている場合、年間保険料12万円に対して受けられる控除額には上限があり、税金の戻りは所得税が4000円、住民税が2800円となるでしょう。一方、イデコで同じ額を積み立てた場合、12万円全額が所得控除となります。そのため、税金戻りは所得税が1万2000円、住民税が1万2000円となり、同じ金額を老後に仕送りしながら2万4000円も戻ってくるわけですから、この制度を利用したくない人はいないでしょう。

知られていないだけでお得な制度

このイデコは窓口となっている金融機関にとって、あまり儲けにならない仕組みになっているので、あまり積極的に販売はされていませんでした。そのため、金融機関で勧められる機会も少なく、個人年金保険と比べるとイデコの情報量が圧倒的に少ないので活用している人が少ないというのが現状です。そのため、決して使えない制度でなく加入者にとってはお得な制度になります。イデコは、受け取りは60歳から70歳までの間で任意に時期を選べるので、仕事をつづけながら老後に自由に使えるゆとり資金を作ることが可能ですよ。

イデコは日本語では「個人型確定拠出年金」と表現されます。10年以上積み立てることで、60歳以降に受け取りのできる個人の年金ということができます。