相続税の節税対策のやり方とは!?3つ紹介します!

アパート購入と生命保険の加入で節税できます

相続税は少しでも安くしたいものです。その節税方法を紹介していきます。たとえば、アパートを購入することが挙げられます。財産を持っている人が現金を所持したまま亡くなる場合と建物を購入してから亡くなる場合を比較してみましょう。どれだけの違いが出るかというと、遺産の評価額が3割もダウンします。そのため、相続税額も当然ながら落ちます。また、生命保険を利用して節税をすることも可能です。たとえば、妻ないしは夫が亡くなった場合、生命保険の受取人は保険金額をそのまま受け取ることになりますが、それは相続財産とみなされます。その金額が2000万円以上になると相続税が課税されます。2000万未満であれば課税対象にはなりません。この相続税が課されないためには、2000万円の生命保険に加入すればいいのです。生命保険には支払った金額がほぼ100%戻ってくる金融商品があります。終身保険タイプがその典型的なものです。そうした貯蓄型の生命保険を利用することで相続税の節税が可能になります。

養子縁組によっても節税できます

さらに、養子縁組によって節税をすることもできます。相続人が増えるたびに基礎控除額が600万円増えることになりますし、相続人1人あたりの受け取り金額が少なくなることで、相続税の税率を下げることも可能です。唯一の注意点としては、養子にする人数には制限があるということです。相続税の節税対策として上記の方法があります。是非参考にしてみてください。

相続税の税理士を埼玉でと考えている場合、相続税専門の税理士による相続相談室があります。税法改正により、相続税の大衆課税化が始まろうとしています。相談する税理士によって節税額も変わってきます。