相続税の節税対策に不動産を活用してみよう

相続税対策で財産を守ろう

相続税は、一般的に大きな額となることも多く、税金対策を怠って財産を手放すことになるかもしれません。今回は、相続税の節税対策に、不動産を活用する方法を紹介します。

貸家・貸家用の土地を取得する方法

一つ目は、アパートなどの貸家や、貸家用の土地(貸家建付地といいいます)を取得する方法です。現金での相続では、現金額そのままが相続税評価額になりますが、貸家の場合なら約3割、貸家建付地なら約2割評価額が下がります。評価額が小さくなる分、相続税も安くなります。

土地信託制度を利用する方法

二つ目は、信託銀行に土地を預け、信託銀行がその土地に建物を建てて運用する方法です。「土地信託制度」といい、所有者は土地を手放す必要がありません。この制度では、家賃収入が所有者に支払われるとともに、信託期間終了時には土地だけでなく建物も一緒に返還されます。土地の上に建てられた土地は、貸家建付地として評価額が下がるため、相続税の節税につながります。

広大地評価を利用する方法

次の節税方法は、「広大地評価の利用」です。大きな土地を相続する場合にこの方法を利用することで、最大65%の節税につながります。この方法を利用するには、要件が非常に複雑なので、相続税に詳しい税理士に相談するようにしましょう。

小規模宅の特例を利用する方法

そして最後に紹介する方法が、「小規模宅地の特例」です。この特例は、相続財産のうち、被相続人もしくは被相続人の同一生計親族が、事業用または居住用に使用していた宅地等で、建物等の敷地になっていたものに該当する場合に、一定面積の土地の評価額を減額できる制度です。最大80%の評価減につながり、大きな節税につながります。子どもたちになるべく多くの財産を残したいという方は、相続税専門の税理士に相談してみてはいかかでしょうか。

相続税の相談を横浜で依頼する方法は適しています。横浜ならば相続税の問題解決に自信がある税理士がそろっていますし、事務所までの交通アクセスが便利だからです。