介護の研修講師として必要な知識を身につけるには

介護の研修講師を目指そう

介護の研修講師は、高齢社会において需要の高い職業の一つとして知られ、老人ホームをはじめとした介護現場に派遣されるケースが増えています。研修講師として働き始めるためには、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得するだけでなく、介護施設において数年以上の経験が必要となることがあり、将来を見据えてキャリアアップを目指しやすい職場に勤めることがおすすめです。また、介護の研修講師の働き方は、比較的自由に選ぶことが出来ますが、介護職員やホームヘルパーなどの仕事の合間を縫って、講師として指導をする人が目立ちます。なお、研修講師としての資質を高めるうえで、最新の介護に関する知識を学べる講習会を受講することが有効です。

介護の仕事に役立つ研修を受けよう

介護の仕事は、施設によっては働きながら実務に役立つ知識を身につけられますが、就職前に研修を受けることで、実際の業務をスムーズにこなすことが可能です。最近では、生活全般の解除の仕方や高齢社会に関する実情について、座学や実習などの方法で研修が行われることがありますが、本格的にスキルアップを目指したい場合には、業界内での経験が豊富な講師から指導を受けると良いでしょう。また、数年後に介護福祉士の国家試験の受験を考えている場合には、実技試験に役立つ技術を学ぶことのできる研修に申し込みをすることがポイントです。その他、介護の仕事の働き方について迷っていることがあれば、研修を通じて希望の就業先を見つけることがオススメです。

介護職員初任者研修とは、2012年までのホームヘルパー2級に変わって2013年から始まった資格です。取得には筆記試験が課されて、実務や技術等の専門知識が多く学べるようになりました。