美容師になりたい!専門学校は通った方がいい?

美容師になる為には国家資格が必要

美容師になる為には、国家資格が必要です。国家資格を取得する為には、全日制の専門学校であれば2年間、通信制の専門学校であれば3年間通い、国家試験を受ける必要があります。専門学校以外に、美容系の短期大学に通う事でも、美容師を目指す事ができます。

ただ、美容系の短期大学は少なく、美容師を目指したいのであれば、専門学校に進む事がおすすめです。

専門学校に入る為には

美容師を目指す為に必要になってくるのが、高校を卒業しているという事です。以前は中卒でも入学可能な専門学校がありましたが、法改正以降は高卒が条件となっており、入学をする為にはまず高校を卒業しておく必要があります。高校を卒業していない人の場合は、高卒認定を受けておく事になります。

入試の方法は、書類審査と面接と作文だけの、AO入試や推薦入試、そして書類選考と面接の他に、小論文や筆記試験がある一般入試があります。

専門学校に行けば美容師になれる?

専門学校を卒業すれば、全員が美容師になれるかといえば、100%ではありません。国家試験に合格をしなければ、美容師として働く事ができない為、なかには、卒業してすぐに美容師として働けない人もいます。

少しでも合格率を高めたいと考えたら、これまでの合格実績が高い専門学校を選ぶ事がおすすめです。実績がある専門学校は、国家試験対策もしっかりと行ってくれる可能性が高く、その分、合格の可能性を高めていく事ができます。

美容師として働きたいのであれば、まず国家試験に合格する事が大切です。

手に職をつけたいなら、美容の専門学校に進学するのがよいでしょう。美容師になるために必要な技能と知識を確実に得ることができるので、非常に役に立ちます。