信用取引を利用して株式投資を行うメリットとリスク

信用取引のリスクとは

信用取引は証券会社に預けてある証拠金以上の金額を取引できる制度です。証拠金以上の金額を一時的に証券会社に借りる形で取引するので、もし証拠金を超える損失が出た場合は証券会社ではなく、投資家自身が損失を補わなくてはなりません。そのため証拠金以上の損失が出る事も想定しておかないと信用取引が原因で破産する可能性もあります。基本的に証券会社は投資家が追証によって大きな損失を受けないように損失が証拠金と同じ額になった時点で強制的に決済する強制ロスカットの制度を採用しています。しかし強制ロスカットのシステムがあっても急激な暴落などで売り注文が殺到する事で決済が間に合わずに決済できた時には追証が発生してしまうケースもあります。そのため信用取引を使用する時は強制ロスカットのシステムがあるからと言って過信せずに自分でリスクヘッジを行う事が大切です。

信用取引を使うメリット

資金が少ない投資家は資金が少ない事が原因で投資機会を失しなったり、充分な金額を用意できずに利益を出せない事があります。しかし信用取引を利用すれば証拠金以上の取引が可能になるので、資金不足の問題を解消できます。信用取引を使う事のリスクはありますが、それでも投資機会を増やす事ができる事は資金の少ない投資家にとって魅力的です。信用取引を利用する時は返済期限がされていたり、手数料が設定されていて証券会社によって細かい条件が少しずつ違うので、しっかり確認してから利用すると良いです。

現物取引は資金の範囲内で「買い」の取引を行い、一方、信用取引は資金以上(3倍まで)に「買い」「売り」の取引ができます。