ツーリング派は要チェック!レッカー距離で選ぶバイク保険

ロードサービス付きのバイク保険はやっぱり安心

バイク保険に加入する目的は、人それぞれです。万が一、交通事故を起こしてしまった場合の損害賠償金の支払いに備えてバイク保険に加入する人もいれば、怪我をしたときの入院費やバイクの修理代のために任意保険に加入する人もいます。また、ロードサービスの利用をお目当てにして保険に加入している人も珍しくはありません。
ツーリング中にエンジンが故障してしまったり、転倒して走行不能になってしまったりすると、現場から修理工場や家、バイクショップまでバイクを運ぶ必要があります。そんなときに役に立つのがバイク保険のロードサービスです。

ロードサービスの内容を理解して選ぼう

ロードサービスに着目してバイク保険を選ぶ場合、注意すべきなのがレッカー距離です。現場から修理工場までのレッカー距離が50kmまでは無料となっているバイク保険が多くなっています。50kmを超えると、その分のレッカー代は自己負担となります。修理工場がたくさんある都市部で生活している人や通勤のためしかバイクに乗らないという人には、50kmまで無料のロードサービスで困ることはほとんどないでしょう。
一方、頻繁に長い距離のツーリングに出かける人は、もっと長い距離を無料でレッカーしてくれるバイク保険を選ぶのもよいでしょう。よく探してみると、100kmまでは無料でレッカーしてくれるバイク保険もあるためです。自宅から離れた町でトラブルにあってしまうと、長い距離をレッカー移動せざるを得なくなります。遠くまでツーリングに出かける頻度が高い人は、ロードサービスの内容についても、よく吟味してから選ぶようにしましょう。

バイク保険比較はとても重要なことです。保険内容は会社によって異なりますので、保険料からオプションまできちんと比較しましょう。